渾沌 -Episode2.5-

【改訂版】ゼンタイ・パフォーマンス・アート その後。

3月29日

ども^ ^ かんたです。

 

もうすぐ4月ですよ、いよいよ春到来!

ここ数年タイミングがうまく合わなくて花見できてなかったので今年こそはと思っている今日この頃です。

 

今日 3月29日は、父の命日でもあります。

7年前の29日の早朝でした。

 

去年の3月17日に私が、Instagramに投稿した写真にはこんなコメントを書いていました。

そして今日もう一度、この場所へ行ってきます。

ココに行くと父に会えるような気がして^ ^

 

f:id:nearkanta:20190329141121j:plain

 

ウチの親父は神戸市生まれ。

早くに両親(爺婆)と離れ神戸市中央区山本通◯丁目で過ごしていたそうです。

直接本人から聞いた訳ではないけど、

大阪に住みだしてからもいつかは神戸に帰りたかったんじゃないかなって思ってます。

神戸に帰るつもりだったからなのか、最後まで賃貸暮らし。

私が転勤で神戸市内に住みだした時も羨ましそうにしていました。

今は私も、大阪市内にある実家に戻ってますが、不思議なご縁で

頻繁に神戸に通う休日を過ごすようになっています。

親父が出来なかった事が自分に出来ないか考えてはいますが

大阪生まれの大阪育ち、「この家で死にたい」が口癖になっている

母親と同居しているので難しそうですね。

 

神戸の街並みも「あの頃」から大きく変わりました。

幼少期に父に手を引かれ通った山本通りの家はどこにあったのか

記憶が曖昧になっている上に、街並みもスッカリ変わったので、

何度探しに訪れても全く分からなくなってしまいました。

思い出が一杯だった父の育った家は「全壊」だったそうです。

そんな親父の七回忌は来週です。

 

私が貴方の愛した神戸の今を

どんな風に報告すれば喜んでもらえるのかな^ ^

 

この駄文の為に選んだ写真。

いつもこの前を通るたびに親父の笑顔を思い出すんですよね、

 

ナンデヤロ^ ^