渾沌 -Episode2.5-

【改訂版】ゼンタイ・パフォーマンス・アート その後。

戸籍謄本と除籍謄本と改製原戸籍謄本の交付申請

ども、かんたです!
 

31日は午後から、神戸・中央区役所に行ってきました。

目的は…

内緒 シーッ! d( ゚ε゚ ;)

いずれ記事にする予定なのでここは「ネタの温存」

きゃはは^^ でも、ちょっとだけね。

 

  

 

戸籍謄本と除籍謄本と改製原戸籍謄本

戸籍謄本と除籍謄本と改製原戸籍謄本をもらってきました。

何に使うかって?

 

それは、…トランキーロ!

あっせんなよ ٩( 'ω' )و

 

皆さんご存知でしたか?

役所は除籍謄本を保存しておかなければならない年数は 150年だそうです。

ん??

除籍謄本って何? 改製原戸籍謄本も聞いた事ないけど??

って思った方いらっしゃいますよね?

(ハイ、僕も初めて知りました。)

 

僕にはとても難しいので順番に行きますと・・・

 

戸籍

戸籍には、

  1. 除籍
  2. 原戸籍
  3. 戸籍

という3種類があります。

いずれも戸籍であることに変わりありません。

ただ、

過去の戸籍なのか、

現在進行中の戸籍なのかの違いがあります。

 

過去の戸籍

除籍や原戸籍は、過去の戸籍になります。

現在は役所で閉鎖された戸籍となっています。

 

現在進行中の戸籍

我々が一般に必要になったりする戸籍です。

 

謄本

謄本とは、除籍、原戸籍、戸籍をそのままコピーして、

発行元の役所の印が押された書面のことです。

 

1. 除籍謄本

戸籍の一種で、除かれた戸籍の写しのことです。
(そのまんまですよね)

もう少し書きますと、

除籍とは、

その戸籍の中にいた人が、

全員いなくなったため閉鎖されたという経緯から、

除かれた戸籍、つまり、除籍と呼ばれているのです。

 

Aさんの家族を例にすると、

父・母・兄・弟の4人家族です。

両親共に亡くなりそして兄も弟も結婚して

それぞれ、新しい戸籍を編成したので 除籍しました。

そのため、父が筆頭者である戸籍には

誰も居なくなりましたので

戸籍自体が「除籍」という名称に変わります。

 

2. 改製原戸籍謄本

作られ方が「除籍」とはまったく異なります。

過去に何度かあった法改正により戸籍の様式も変わってきました。

除籍とは違い、たとえ戸籍の中に人が残っていたとしても、

法改正の度に、新しい様式の戸籍に作り替えられたのです。

改製原戸籍は、原戸籍「はらこせき」と呼ばれることが多いそうです。



3. 戸籍謄本

その戸籍に入っている全員の事項を写したものの事です。

 

戸籍謄本と戸籍抄本の違い

この違いもついでだから書いておきましょう。

戸籍謄本は、

その戸籍に入っている全員の事項を写したもの

戸籍抄本は、

戸籍にかかれた一個人の事項のみを抜粋して写したもの

という事です。

 

まとめ 

この内容でまとめようがないですが・・・

 今回の申請で、

父・祖父・曽祖父の

本籍地・生年月日・没年月日が確認できました。

祖父の謄本は、縦書き・手書きで、

数字は当然、漢数字。その漢数字は、

改ざんなどがされないように「大字(だいじ)」と呼ばれる漢数字で

記入されています。

ハッキリ言って、達筆過ぎて読めません^ ^

もしかしたら読み違えをしている可能性もありです。

 

↓ これ読めますか??

生年月日が記載されています。